宅配買取の売り方

ブランド買取で使える売り方

ブランド品を売るときには3つの売り方があります。1つ目は店頭買取でこれが一般的な売り方となります。ただ、ブランド品買取店は都会の駅近くなどに集中している事が多く、地方や田舎によっては買取店が一つも無いということも多いです。2つ目の売り方は出張買取でこれは業者が自宅まで来てくれるというのが大きなメリットです。ただ、出張買取は出張してくれるエリアがあり、エリア外だと利用できないというのがネックです。そして、3つ目の売り方が宅配買取で、これは店頭買取と出張買取よりも気軽に売れる売り方です。宅配を使うことで、出張買取よりも広い範囲で買取が出来るので、自宅周辺に店舗が見当たらないときにはこの出張買取を使ってブランド品を売却してみましょう。

宅配買取の流れとシステム

ブランド品を売るために宅配買取を利用する場合は、最初に売りたいものを業者まで売り主が送る必要があります。ただ、その時に利用するダンボールや梱包材は、宅配買取店が送ってくれたりする所もありますし、宅配業者が自宅まで集荷にきてくれたりします。お店によっては宅配買取の送料も、無料に設定している所もありますので、ブランド品買取をしてもらうときは手数料がかからないお店を見つけて依頼をしましょう。また、ブランド品を業者に宅配したら、次に行われることは査定です。査定の結果はメールや電話で伝えてもらうことができ、その査定金額に納得できるなら買取を承諾します。承諾をしたら、指定した銀行へ査定金額を後日業者が振り込んでくれます。